読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modern times rock'n'roll

布袋寅泰のモダンタイムスロックンロールを買った。なぜと聞かれれば特に理由はない。

ボーイ世代のおっちゃんにとってはロックとは何か、それはとても大事なことのように思える。しかしこのアルバムは・・・・・・。はたして。

一曲目はborn to be wildですね。ロックの定番としては王道でしょう。リフもかっこいいし、ギタリスト布袋としては弾いてて気持ちいいじゃね。二曲目はテグラムサムなのよね。わりと原曲に忠実にやっていて、以外だった。T・REXの曲は原曲に近づくほど難しくなるのよね。音と音の隙間がどうしても、マーク・ボランにしか出せない空気で埋まっているから。三曲目はジョニー・B・グッド。これがまた大胆アレンジで、ギターのサンプリングから始まって、サンプリング祭りになるのよね。布袋がそういうの好きなのは知ってるけれど、ギタリストとしての布袋を待ってる身としてはうーん、どうでしょう。4曲目はハートブレイクホテル、これはヴォーカルがはまってるね。布袋のヴォーカルってはまるときはバッチリはまるけど、はずれるときもあるけど。ギタープレイも申し分なし。すべての若き野郎どもが五曲目なんやけど、俺は原曲クイーンのフレディ追悼コンサートのヤツしか知らんのよね。ざっと聞いたところ、原曲よりもいい感じに仕上がってると思うけど「モット・ザ・フープル」に思い入れがないだけかもしれん。6曲目がBACK IN THE U.S.S.R.ですな。ビートルズは俺の守備範囲やで。まず、このチョイスから物申そうか。なぜにもっとギタープレイが光る選曲もあったのになぜ、この曲?全体的なバランスでかな。布袋はビートルズはあんまり思い入れがないんやと思う。かっこいい曲ではあるけれど、一応ビートルズも入れました的なにおいがします。でだしのサンプリング祭りもどうもね。もっとハードにするのならばわかるんやけど。しゃあないね。好みの問題かな。七曲目はALL DAY AND ALL OF THE NIGHTですわ。俺キンクスはまったく通ってないのよね。むしろパクった疑惑のあるドアーズのHELLO,I LOVE YOUの方が馴染みがあるというか。それはまあおいといてかっこええ仕上がりになってると思う。ギターアルバムを聞くつもりで買ったから、ゴリゴリ来てくれるとやったねって思う。してみると、俺の思い入れがない方が、評価が高くなる傾向やんな。

後半は明日。