読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マヌーシュ・ジャズ

マヌーシュ・ジャズというジャンルがあることを初めて知った。昨日ホワイトデーだったので音楽好きな女の子にCDをあげるためにタワーレコードに行った。試聴コーナーでいくつか聞いて、おおこれは、と思ったやつをあげた。それはルーシー・ディクソンの「lulu's back in town」っていうやつだった。今調べてみたらマヌーシュ・ジャズっていうジャンルで、ジャンゴ・ラインハルトの直系のジャズみたいでギターのアンサンブルが特徴みたいだ。

ジャンゴ・ラインハルトって名前だけしか知らないけど、めっちゃギターが上手いイメージ。ジプシージャズなんて言い方もあるみたいだが、差別的な言い方になるようで、「ロカ」という、みたいなことが書いてあった。

いずれにしても音楽なんてかっこよくて、心地よければそれでよし。ロックだろうがジャズだろうがポップスだろうが関係ない。それは聞く人が後付けで勝手に分類しただけで、評論家むけの話。

ジャケットもおしゃれだったし、ホワイトデーのお返しとしてはかっこいいんじゃない。タワーレコードもなかなかセンスいいじゃん。なんて俺に言われたないか。買って開封せずにあげたので、良さげやったら貸してって言った。せこい?ごめん。