読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引退

引退をするときは何を思う

王貞治はホームランが30本しか打てなくなったから

引退した

千代の富士は体力の限界だといった

イチローは50歳までやるといっている

三浦カズは49歳、未だ現役、すばらしい

張本さんにもうやめた方がいいといわれて

激励と受け止めて、アッパレ、といわしめた

コンタドールは引退を撤回し、カンチェラーラは引退し

だけど五輪のTTで金メダルをとった

俺は引退しようと考えた

病気で目が不自由になったから

俺は職人で目が見えないと自分の思うように

仕事ができないからだ

俺は模索している、職人としてどのように生きるのか

または引退して事務方に移って、なにかまた違う人生を歩むのか

栄光をつかんだわけじゃない、まだまだこれからだという思いがある

誰かに優しくされるたび、俺のくだらないプライドはグチャグチャになる