三ノ宮

下の息子が通信制の高校に行くらしい

昨日説明を受けに行ったが、

新しい校舎だった

彼は自分で勉強は嫌いではないという

だからと言って家で一所懸命

勉強しているところを見たことはない

中3の言うことはとても難しい

俺の時はどうだったろうか

ただただアホだった気がする

起承転結

起承転結なんてない

始まりも終わりもない

だから転がっていかないし

承ったりもしない

ただダラダラと

水が上からしたへ流れるように

滑り落ちていくだけだ

明日は休みだ、雨だ

絵を描こう、いい絵がかけたら

見ておくれよ

受験

明日、娘が受験だ

AO入試というものを受けるらしい

推薦入試の一種で

俺たちの頃にはなかった

高校の担任は問題ないだろうと言っているが

親も本人もプレッシャーがかかっている

結果は来週金曜日に出るそうだ。

明日は大学まで付いて行こうかと

親バカなことを考えている

だめかな…

今週のお題「○○の秋」

夏から秋になると、空気の透明度が上がって、太陽がより眩しくなる。

普段も人より光の量が多いので困っている。

冬が一番、太陽が光っている。

だんだんと地球は暖かくなっているのだろうか。

小さい頃に読んだ科学の本で、だんだん太陽は大きくなっていくと説明されていた。

それを読んで俺は恐怖を覚えた。

地球はあと何十億年後には消滅してしまう。

小学生の僕は悲しい気分になった。