病院

大病院で診察を待つ。大きい病気をすると待つことになれる。というか病院を家のように、くつろげる空間にする

その調子

朝起きた時は、ダメだ今日は、と思ったが、またなんとか1日が過ぎた。

久しぶりに待ち合わせをすっぽかした。申し訳ない。完全に失念してた。

下絵

描いては消し、消しては描きを繰り返す。うまくいくといいけれど

薬を飲む

安定剤を飲むが、心はあちらこちらに逸脱し、うまく集中できない。愛を

間違えた

ホットコーヒーを頼んで、フレッシュと砂糖をもらって席に着いた。間違って水に砂糖を入れた。

さようなら

さようなら 君には世話になった 俺の事はもういいだろう

ほっといておくれよ 俺は俺でうまくやるし 君は君で幸せになっておくれ

大事なものを教えてくれたけど もう誰も何も 何もないのだ

よきサマリア人にはなれそうもないし かといって強盗するほど

悪人になったわけでもない 永遠に生きるということは できない

だから もうお別れだ そのときが来て 私は行かなければならない

さようなら 君には世話になった 愛があればまた 出会うこともあるだろう

死にはしない 生き続ける 

肉体がなくなっても 俺の作品は残る

たくさんの詩 いくつかの小説 数枚の絵

天上の光を集めて かいたものだ

わかるだろう この歌の良さが 空に溶けていったんだ

さようなら また機会があれば 会うことも あるだろう

隠遁生活

今週のお題「自己紹介」

俺はもう引退したいのだが、子供がまだ手がかかるので引退できない。ちまちまと仕事をし、詩を書き、小説を書き、絵を描いている。

もうほとんど何も欲しいものはない。というわけでもないのだが、少し良くできたタブレットと携帯電話と自転車、あとは絵を描く道具があれば、何もいらない。多いかな。

どこか旅行とか美味しいものには興味がないし、音楽はもうゆるりと無料音楽アプリとiTunesに入っているやつで十分だし、本はもう読めないし、ああそういえば油絵の技術書が欲しいのだが、少し高いものだったりするので、あとゴッホの模写をしようと思っているのだけれど、原画に近いポスターか、レゾネみたいなもの画集が欲しい。フェルメール真珠の耳飾りの少女も描いてみたいね。

どちらにしても、時間があるようで、ないようで、歯医者にも行かなきゃならないし、もう俺は表には出ないし、出たくない。家のリビングに俺の描いたゴッホフェルメールがあれば、それで満足だし、今書いてる長い小説も、今年中には書ききれるだろう。

時々このブログで書く詩ももう、読む人もない。

SNS時代でいろんな人とつながって、そういうのはもういいのだ。俺は何者でもない。家に帰ってビールを飲むのが好きなおじさんに過ぎない。