大いなる眠り

大いなる眠りと書くと、フィリップ・マーロウの小説みたいで、面映ゆいが、睡眠薬が効きすぎる時があって、朝から体が重い。老体にムチ打って、働く。甘言につられて、報酬も少ないのに。愚痴の多い毎日ですいません。