読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドーピングについて

昨日、リエージュ・バストーニュ・リエージュで歴代優勝者の話が出た。グランツールレーサーでもねらえるのがリエージュだと言う話の流れだった。それでヴィノクロフとかレベッリンとかタイラー・ハミルトンとかの名前が出て、栗村さんが「いろいろあった人達」みたいな話をしたから、フランク・ヴァンデンブルックとかの話になって、ますますいろいろあった人達だなということになった。

ベッティーニも勝ってるのね。イグリンスキーもアウトになったんやったっけ。そうドーピングの話を書くんやったね。言ってみればバルベルデオペラシオン・プエルトで一回アウトになってるし、アンディ・シュレクはどうなのって気持ちもあるし。疑いだしたらキリがないんやけど、別に俺はあんまり気にしないようにしている。

ドーピングの問題点って結局、公平性の問題になるんやとおもうんよ。やってる人間とやってない人間と同じ土俵で戦って、勝ち負け決めても意味ないでしょってこと。

じゃあ過去の優勝者に対して、どういう気持ちで向き合えばいいのか。そんなんわからんよね。うまいことやって勝ったやつがえらいんちゃうのかしら。

どういう風向きで話を書くのか見失ってしまった。なんとなく好き、なんとなく嫌いで、分けてみようか。なんとなく好きなのはバルベルデアンディ・シュレクダニエル・マーティンジルベールベッティーニ。なんとなく嫌いなのはディルーカタイラー・ハミルトン、レベッリン、ヴィノクロフ。そんな感じ。

強面が嫌いなんかな。俺はウサギのように優しいから。ややこしそうな人間はイヤなんや。