読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一周年

はてなブログを解説して、一周年になるらしい。メールが送られて来た。

数字でいうともらったはてなスター200ぐらい。訪問してくれた人1200人ぐらい。

書いた記事は400ぐらいで、そのうち詩は100もないぐらいだろう。くだらない雑文を書いて過ごしている。

だけど継続は力なり。自転車ブログを余所でやってた頃のやつを読むと懐かしくある。病気をして俺は大きく変わった。それは仕方のないことだ。俺は高倉健になったのさ。

不器用でごめんなさいね。生きるってことが途端に難しくなったのさ。昔はただ笑って適当に毎日をやっつけていたのだけれど、どうやら俺には社会的責任やら、その他責任という何か得体の知れない物が付随しているらしく、何でもかんでも適当にやっつけることが、難しくなったのさ。

それは今の社会が俺にはちゃんと大人になれっていっているから、俺は子供のままがいいのだけれど、娘が登校拒否で、どえらい学費の高い高校に行くってもんだから、なんとかしなかきゃならないのさ。

俺はパンクなんだ。一年たっても変わらないさ。生きてることが窮屈で仕方がない。それでもなんとかだましだましやるしかないのさ。

一年前俺はCoccoの「rainning」「強く儚きものたち」を聴いて俺は自分が詩人であることに気がついた。そして心の奥のイメージを詩にして、ぶつけた。

最近詩を書かないのはまた違うところで、小説を書いているからだ。誰も読まない小説を。俺の心は昇華され、このブログは生きるヒントとグチのブログになってしまった。