読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDを借りる

昨日も書いたけど、青木カレンとオアシスとシンディ・ローパーとマドンナとストライプスを借りた。そして嫁が借りた「Too young to die」のサントラをituneにいれて聞いている。まだ全部聞けてないけど、青木カレンは良かった。すこし渋さが足りなくて、かわいい寄りだけど、ストレートなジャズアレンジが聞いてて気持ちいい。

問題はオアシスとマドンナやね。両方とも2枚組のベストなのよね。俺は2枚組のベストって信用してないというか、もはやベストじゃねえじゃん。と思う。特にあんまり思い入れのない歌手の場合、知ってる曲以外は???ってなるから、シンディ・ローパーのべストみたいに一枚でぎゅっとまとめて欲しい。そこからオリジナルとかに手を伸ばすとか考えるから。

著名な歌手の場合、レーベルの移動とかあってまともなベスト盤が出しにくい環境になるのはわかるんやけど、あれもこれもいれられても、入門編としてはハードルを下げて欲しい。

ようはどんな曲もアレンジ次第なのよね。あとボーカルの声質。それが俺の求めているものと一致したらええアルバやなあってなるんだす。

それこそ何度も何度もきいて、良さがわかる、そんな音楽の聞き方はもうしないだろうし、できないのかもしれないね。