読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

告別

エッセイ

「告別」と書くと今までの俺ならば、スペンサーの「告別」を思い出しただろう。しかし俺の中に今宮沢賢治ブームが来て、「春と修羅・告別」にいたく感銘を受けている。

ファンの人は何を今更と思うかもしれないが「松の針」「無声慟哭」も昨日知った。もちろん「永訣の朝」は知っていたが、続きがあったなんて知らなかった。

それにしても「告別」の何ともいえぬ最後の光景はいったいなんだ。

「多くの侮辱や窮乏の

 それらを噛んで歌ふのだ

 もしも楽器がなかったら

 いいかおまへはおれの弟子なのだ

 ちからのかぎり

 そらいっぱいの

 光でできたパイプオルガンを弾くがいい」