あの日の朝、家を4時にでた

まだ暗かった

おれはいつもの道を自転車で急いでいた

何だろう

やっぱりまだこの話は書けそうにない

心にイバラが刺さったままで

5年も前のことなのに

とても書けそうにない