読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は図書室にいた

僕はいつも図書室にいた。昼ご飯を食べ
すぐに図書室のいつもの席にむかった。
30年近く前、僕は何を読んでいたか。
宮沢賢治のあまり有名ではない童話、
北方謙三のハードボイルド小説、
中島らもの明るい悩み相談室、
村上龍の初期の小説
あとイロイロ覚えていない。
良いことも悪いこともたくさん学んだ。
書を捨てよ、町にでよう。
わだは日本のゴッホになる。
俺はいくつか小説を書いた。
誰も読みはしなかった。
あまりにも若い苦い日々だ