フィリップ・k・ディック

昔俺は読書家だった。大学の授業でフィリップ・k・ディックの本が取り上げられ、授業の前にフィリップ・k・ディックの本を読んだことがある人は、と先生が言い手を挙げたのは僕一人だった。俺は何か恥ずかしさと同時に優越感も感じた。 俺が読んでいた本は…

素晴らしい

素晴らしい。今週は記事を書いてないとはいえアクセス数が5だ。日本一の不人気ブログを目指して毎日研鑽を積んでいる甲斐があるというものだ。今日のテーマを何にしようかと思っていたけれど、アクセスがないというのは、素敵なことなので、思わず書いてしま…

事件のにおい

以前ブライダルの会社から誰々の携帯ではないですかと、電話があって違いますと、答えたことがあった。そんなこんなで時間が経って、今度は某弁護士事務所から誰々の携帯ではないですかと、電話があった。東京から固定電話で通知で掛かってくることがないの…

テスト

今日は漢検のテスト。残念ながら4級を受けるのだけれど、なかなかに難しい。ぜったいに全問正解はないし、200点中140点が合格なんだけど、それさえ問題によっては危うい状態だ。だから試験一時間前のこの時間、これを書くよりも勉強した方がいいのだけれど、…

好き、嫌い、どっちでもない

俺はなるべく人の悪口を言わないようにしている。それは俺が良い人だから、もしくは嫌われたくないから、といった理由ではなく、悪口を言っても何も解決しないし、壁や穴に言うわけじゃなく、誰か信用できると思っている人間に吐露するわけだけれど、その相…

オラ、ホビットになる

今週のお題「行ってみたい場所」 オラはJ・R・R・トールキンの中つ国、middle earthに行ってみたいです。指輪物語に出てきた架空の土地でホビット、人間、ドワーフ、エルフなどが住んでいて、もちろん悪者もいてますが、とても素敵な所のように思うのです。 …

届きません

漢検の受験票が届きません。おかしいなと思っていたら、電話があってどうやら、住所を間違えて書いたらしい。43と書かなあかんところを、34と書いたらしい。うーん、俺は比較的都会に住んでいるので、そういう些細な間違いでも届かないものなんや、と思って…

評価してほしいのか

本日、考課表をもらった。俺は自分のことをあんまり評価するのはどうなんだろうって思う。自己評価って過大になったり過少になったりメンタル的な部分って大きい。俺はわがままだから多分、評価をあげるために何か特別なことをしたりはしないと思う。それで…

男子だから

今週のお題「お弁当」 弁当について語るほど、思い入れはない。以上……終わっちゃいけないのね。 少し記憶を巻き戻していくつか、小ネタを書いてみよう。 覚えているのは母の弁当で、レパートリーは豊富だったような気がするが、これといって鮮烈に記憶に残っ…

政治

政治という言葉ですぐ思い出すのは、クリームの「ポリティシャン」なのだから俺は政治に興味はない。だけれども興味がなくても、この国に暮らしている以上、政治の影響は大きく受ける。俺自身は教育の無償化に力を入れて欲しい。現状では我が家の台所事情は…

生きている

マーク・ボランは自分は三十まで生きられないだろうと言って、三十の誕生日の少し前に、交通事故で死んだ。ジャニスもジム・モリスンもジョンもフレディも若くして死んでしまった。早逝のロックスターばかり追いかけていたから、自分もなんとなく四十ぐらい…

マシンガン

ラスベガスで銃乱射があって、50人以上が亡くなった。ラスベガスのあるネバダ州は比較的容易にマシンガンが手に入ると、町山さんは言っていて、狙撃者のいたホテルの部屋には数十丁ものマシンガンと数千発の弾丸があった。 そのうち犯人の詳細がわかり、社会…

何を着る?

生まれてこの方お洒落であったことは一度もなく、何となくお洒落であることが気恥ずかしい、ええかっこしいが苦手なおじさんである。だから生まれてこの方着る服に頓着したこともあんまりなく、破れてなくて、洗濯してあって、暖かければ何でもいい、といっ…

希望

今週のお題「読書の秋」 ``俺が目が悪くなってから読んだ本は一冊だけ。タイトルがちゃんと思い出せない。「絶望辞典」といったような本だったが、検索してもでてこないのでたぶん、間違っているのだろう。 古今東西著名人の絶望、弱音を集めた言葉で、とて…

日本語

アタシは詩人で死人ではなく アナタを愛したこともある アシタになれば真下のアルゼンチンから アナタが興奮してやってきて アタシはアミダにアタッタように 足元から崩れ落ち 諦めきれず、堪えきれず、泣いて アタマから水をかぶったように アイソをつかす…

消えた原稿

消えた原稿などと書くと、なんだかミステリの出来損ないみたいで、恐縮だけど、このあいだ保存せずに消した原稿のことを少し書こう。 NHKドキュメンタリーの「江夏の21球」を見た。それで思ったことを600字ぐらいで書いたのだが、なくしてしまった。印象は強…

愛情

人を育てるのは愛情以外にない。 そして人を守るのも愛情だ。 時にはウキウキした気分でも 味わおう

またやった

いま1時間ぐらいかけて書いたエッセイを消してしまった。もう一文字も書く気力がない。サヨナラ

休息日

トレーニング理論のサイトを見ていると、トレーニングに休みは絶対必要で、そうしないと故障する、といったようなことが書かれている。しかし、プロのアスリートは基本毎日運動しているし、その加減が難しいのだ。 プロ野球のピッチャーなんかは一回投げたら…

ベイダー卿

ダース・ベイダーのTシャツを着ていた。看護師さんにダース・ベイダーのライトセイバーが刺繍でオレンジになっていて、かわいいですねといわれた。確かユニクロで買ったやつだったと思ったのだが、面白いところに食いつく看護師さんだなって、思って、この冬…

ロック

ecoじゃない ロック ゲップがこみ上げた SGはオープンチューニングでかき鳴らしてる 高いキーは要らない うまく歌えないから 俺には才能が詰まってるから ロック 髪を伸ばすんだ 親父 ムッシュみたいにさ 鋲がたくさんんついた革ジャン 古着屋なら安くで買え…

昔のこと

今病院で、入院中に担当してくれた先生に、数年ぶりにあった。入院中はほぼほぼ見えてなかったので、今あらためて見て、こんな先生やったんやなと、思った。 入院した当時のA先生は研修医あがりで俺は目以外は健康だったから、A先生の練習台としていろんな事…

初秋

今週のお題「読書の秋」 俺は目が不自由になるまでは、かなりの読書家だった。たくさんの本を読んだ。インターネットの記事ではない。もっと魂の入った本を読んでいたのだ。人間の心を扱った作品を読んでいたのだ。 お金、合理化、マネジメント、そういった…

サグラダファミリア

サグラダファミリアがあと10年ぐらいで、できるらしい。もっと時間かかると思ってた。ガウディは『神はお急ぎではない』と言ったとか。 あと100年ぐらいかけて、作ってもいいと思う。 そうせいてもキリストさんは見てまっせ。

記録

数字の話。俺はもう数字にしばられて生きるのは、嫌なのだけど、アスリートの本能としてタイムと戦うのは、避けられない運命であるように思われる。 毎週毎週きつい坂道ダッシュを自分に強いて、短距離長距離を両方強化できるように、トレーニングしている。…

アングリルとモンヴァントゥ

昨日今年のブエルタ20ステージを見た。最後はアングリルの山頂ゴールだった。最後はアタックしたコンタドールが先に逃げていた選手を抜いて、勝った。引退前の最後のレースといっても過言ではない。そのアングリルでコンタドールは誰よりも強かった。見るも…

いつもの調子で

またブログがアクセスゼロに戻った。めでたい。誰も読まないふつうのブログを目指して、日々あくせくパチパチしている。九十数歳のおばあちゃんのエッセイが人気だそうだが、あちらは元祖文句言いで、こちらは新参者のグチ垂れ流しブログである。この目の不…

ケガ

子供の頃から無鉄砲でケガばかりしている・・・・・・。冗談ではない。俺は夏目漱石よりも、おっちょこちょいなのだ。ついこの前まで自転車にはまっていて、暇さえあれば遠出をして、100キロ150キロ走っていた。そんな俺だから、自転車でこけて骨折ということが何…

老人

ヘミングウェイの小説「老人と海」を読んだことがある。年老いた漁師が大きなカジキを釣ったのはいいが、港に戻る途中で鮫にほとんど食べられてしまう、そんな話だったと思う。 ヘミングウェイ自身はキューバで良く釣りをしていたらしく、自身がモデルという…

古着

リサイクルショップで古着を買った。スエードのジャケットとコーデュロイのジャケットを買った。 昔コーデュロイはコールテンといったような気がする。俺はそういうのに敏感ではないので、なんでもいい。母親がコールテンって言っていたのだろう。おしゃれっ…