引っ越すつもりだった

このまえ、他所で書いてる駄文がばれて、また地下に戻る話を書いた。このブログもそろそろ長くなってきたし、あんまり目立たないブログに引越ししようと思って、アプリを落とし最初の投稿までした。 その間このブログを封鎖していたのだけれど、いろいろ思う…

年賀状の絵が仕上がった

嫁に頼まれていた年賀状用の絵ができた。できたというのは、もうええかなと思ったから。いつも思う事やけど 、絵にはゴールがない。俺がやめない限り永遠に修正しなければならないようなそんな気持ちになる。 ゴッホの「種まく人」の模写をモチーフにして描…

あなたが居てくれて嬉しい

ヘレン・メリルアンドクリフォード・ブラウンの名唱で知られる“You’d Be So Nice to Come Home To”を聞いていた。八代亜紀が歌った曲名では「帰ってくれたら嬉しいわ」となっているが、誤解を招くような訳し方だと思う。 逐語訳的に訳すと「あなたが家に帰っ…

観た

「ボヘミアン・ラプソディー」を観た。最後のライブエイド のところでボロボロ泣いた。この映画でこれだけボロボロ泣くのは、ちょっとおかしいかもしれないと自分で思ったが、音圧とフレディーの魂にやられてしまった。 映画だから感動するように作ってある…

生きる

明日『ボヘミアンラプソディー』を見に行く。クイーンのヴォーカル、フレディー・マーキュリーの伝記映画と聞いている。 彼は僕が学生の頃に亡くなった。衝撃だった。クイーンというバンドに出会って数年しか経ってなかったが、僕を夢中にさせるには時間はか…

いいかもしれない

日曜日ロングライドに出た。一応薬も持って行ったが結局飲まずに帰ってきて、それ以来飲んでない。 ソラナックスを一時的に絶っている。朝の寝起きがいい。やはり安定剤と睡眠薬の両方では、効きすぎて、寝起きがつらい。 安定剤を絶っていると、精神的に好…

災難続き

よそで書いていた駄文が、何をどう間違ったか、知り合いに流れてしまった。俺の心を吐露する場所はこのブログと、そこだけだったのに使えなくなってしまった。 このはてなブログもそろそろ、使えなくなりそうな気がする。 なんだか人物を探すアプリだかもあ…

いいことばかりはありゃしない

会社の後輩の子が髄膜炎で入院してると聞いた。俺と同じ病気だ。 お見舞いに行きたいし、電話もしてあげたいが、最近はそういうが少し難しいみたいだ。 症状もわからない。入院してる病院も。俺ができることはなんだろう。 入社してきた時一度だけ、二人きり…

言葉少なく

僕の前から消えた なんの前触れもなく さよならの一言もなく まるで僕が意地悪したかのように 消えた 赤い風船のように ポツネンとチュウを漂っていたのだが 振り向いたらいなくなっていた 俺にもし何かしらの感情があって それを表現できるとしたら こうい…

明日は遠出

久しぶりにサイクリング。関西近郊の有名なお肉屋さんにいく。 朝は早い。7時出発で、6時帰宅予定。サラリーマンならこれぐらいへっちゃらなのだが、俺は事情があって連勤中で、明日ゆっくりできなければ、10連勤になってしまう。昭和だ。 そうは言ってもゴ…

頭の中がかゆいんだ

師匠中島らものエッセイで「頭の中がかゆいんだ」というのがあったように思う。俺はらもさんのエッセイが好きで、生前に出版されたものは全部読んでいる。 その中の一つに嫌なこと、苦しいことを思い出した時に頭の中で「テケテンテンテケテン」というのを繰…

疲れた

皆、難しいことを言う。交渉ごとは苦手なのだ。あれやこれやで何を考えてるのかわからないし、着地点が見えないし、腹の探り合いというのができないのだ。 俺は素朴な人間なのだ。もしくはそうあろうとしているが、社会が素朴さを許さない。誰も彼もが俺から…

無駄

無駄話をしよう。だんだん寒くなってきたので、早々にジャケットを諦めて、俺の冬の定番革ジャンを昨日から着ている。 秋の初めに古着屋で買ったショットの革ジャン。ズボンも黒にして、オレンジのニット帽をかぶっている。 知り合いが読んだら人物が特定さ…

縄張り争い

みな闘争本能が濃い人たちで、いろんなことで争っている。些細なことから派生して、みな怒りを広げていく。 今読んでいるほんの悪党もそんな人間に描かれていて、キレやすい人間だと思われている。 俺は時々怒るけれど、年に一ぺんか二へんだ。イライラする…

セミプロ

絵画は副業なのだろうか。これは修辞疑問というやつで、答えがわかってるのに聞くふりをして、文章にアクセントをつけるテクニックです。 絵が売れた。小さな絵で俺はそんなに気に入ってなかった絵なんだけれど、昨日、今持ってる絵を一斉値下げしたところ、…

読書感想文らしきもの『リンカーン・ライム』

リンカーン・ライムシリーズの『バーニング・ワイヤー』を読了した。この間ライムはC4だとこのブログで書いた。それでも小説の中で、苦悶、苦闘しながら必死に生きていこうという姿勢に共感し心打たれるみたいなことを、書いたような気がする。 その時俺は薬…

不採用

いつも聞いているラジオに絵を送った。そのラジオを昨日ラジコでフルで聞いた。 あるコーナーに送ったのだけど、違うコーナーで採用されるかもと思い、少しドキドキしながら聞いていたが、そんな気配すらなく、まもなく不採用となった。 ダメか。なかなか、…

久しぶりに

今週のお題「好きな街」 特別好きな街はない。たまに行く京都の雰囲気は好きだが、また住むのとは違うのかもしれない。都会人の常として、田舎に憧れはある。それに今はどこにいても、離島とかじゃない限りネットでなんでも手に入る。だからお金があれば田舎…

恋は病

恋は病のようなもの 熱くなって冷めてしまって 次から次へと流行りにかかる 突然どこからともなく恋が現れて 身悶えし夜も眠れぬぐらいに 思いつめるばかりで ただ時が過ぎていくのを 待つばかりなのだから 病だとしても仕方がない 持病のせいで恋が二つに増…

C4

C4とは第四頸椎損傷した四肢麻痺患者を指す。と言うか今読んでいる小説の主人公リンカーン・ライムがC4で、首から下は右手の薬指しか動かなかった。 最初に出てきたときライムは自殺するつもりだった。しかし四肢麻痺患者は自殺すら簡単にできない。物理…

ゼロの記録

こんなに長い間ほぼ毎日ブログを更新しているのに、もしくは更新しているからかもしれないが、900件ぐらい記事があるらしいけれど、昨日はアクセス数がゼロだった。 特に何か思うことはない。誰も彼も何か書いていて、それで俺の文章を好き好んで読もうとい…

発注されて

今年の俺は絵描きだから、嫁から年賀状の絵を発注された。 俺はイラスト的な絵を描いたことがないので、どちらかというと、古典的な油絵を模写して、そこから自分なりの絵を模索している最中なのだが、どうなのだろう年賀状の絵というのは。 猪だけの絵を描…

カボチャとイモ

絵を描いた。最近は写実的な絵を描くのは向いてないし、目も疲れるし、時間もかかるし、根気もないので、リアリズムよりも荒いタッチで一気に描くのが気に入ってる。 秋だしカボチャとイモを描こうと思い立って、頭に浮かんだのが、武者小路実篤だったので、…

不調

体も心も不調だ。こんな時もある。 目がやられて使い物にならない。 生きているのが不思議さ。 栄養が多すぎるのだろう。 身動きがとれない、 ラジオも音楽もいらない 魂を貪り食われて 死んだ魚の目をしたおじさん それが今の俺だ

意外な贅沢

毎年、古着屋でレザージャケットを探して、買うのだけれど、去年買ったやつはイマイチだったので、冬の終わりに売り飛ばした。 そして今年こそいいものを手に入れようと、寒くなり始めたこのあいだの日曜日にいつもの古着屋に行って、いいものがないか物色し…

傷つけてしまった

俺は本当にいろんな事に興味を失ってしまったのだ。 大病をしてからもう、細かい事を気にしない。だからすぐ、どうでもいい、何でもいいと言ってしまう。 だけれどもそれを言われて傷つく人がたくさんいるので、気をつけてあんまり言わないようにしてたのだ…

イライラが募る話

昨日は朝から嫁が爆発していた。そりゃもう、話を聞くだけでイライラが募るのだ。 嫁が言うには、娘が吸入器をなくしたらしい。うちの娘は喘息持ちで普段は何ともないのだが、ストレスがかかると喘息が出やすくなるのだ。それでこのあいだの北海道研修旅行に…

絵が下手

秋だからコスモスを描こうと思って描いたのはいいけど、思いのほか下手で、自分が嫌になって。売るのを止めようかとも思ったが、とりあえず物好きな人がいて、買ってくれるかもしれないので、出品した、 とりあえず見ておくれ。何だこりゃと思うだろう、

声をかけた

俺はすごい人見知りで、基本的に自分から話しかけることはないのだが、いつも気にかけてくれている上司がいて、なんだか難しい顔をして廊下を歩いてばかりいたから、大丈夫かなって思って声をかけた。 普段しないことをした。たまにはいい。そういう歌があっ…

こんなことでは負けはしない

こんなことでは これぐらいなんでもない 俺は失明の危機から立ち直って ちゃんと生きているし 明日が来るのは俺の方から 手を差し出しているからだ 俺は負けない なにをどうしても 負けるもんか 悔しいじゃないか 馬鹿馬鹿しい それがどうした なにもないさ…